日 付:2019年 9月14日(土)~ 9月16日(月)

ルート:大井川水系、赤石沢(北沢) 赤石沢本流~北沢

<1日目>
椹島(7:36)→赤石沢橋・遡行開始(7:50)→取水堰堤(11:48)→北沢出合(12:07)
<2日目>
北沢出合(6:37)→15m滝下(7:57)→連曝帯の20m滝下(9:06)→最後のゴルジュ下(12:34)→登山道2700m付近(14:54)→赤石小屋(16:10)
<3日目>
赤石小屋(6:50)→椹島(10:43)


翌朝、4時過ぎ起床。

随分と日も短くなって、外はまだ暗闇。
お酒を良く呑んだおかげで朝までぐっすり、体調も良好。
焚き火の残り火に薪を入れれば、直ぐ炎も大きくなり、暖を取りつつコーヒーを入れる。


朝食を済ませてテント撤収し、6時半にテン場を出発。

2日目の捜索は、いよいよ本命の北沢。
標高差1200mを詰めて、尾根からの下降チームの皆さんがいるであろう源頭を目指します。
初日の本流は、水量少なめの楽ちん突破でしたが、北沢からは傾斜がきつくなり、登攀能力およびルーファイと判断力が課せられます。


先ずは、2段5m+10mの滝へ。

 
ここは昨日、トシゾーさんと野Tさんが偵察がてら、左岸の草付きにロープをFIXしてくれたおかげで、安心突破。


5mスラブ滝は、滝左の泥壁を突破。




15m程の滝は厳しく、左岸のルンゼを高巻き。。。


ガレガレの草付き、浮石が多く、一人一人間隔を空けて登りました。


明瞭な獣道を見つけて、沢床へ復帰。




標高1900m付近にある立派な大滝。遡行図には「3段40m」とある。
登れる代物ではなく、上部も連瀑となるようなので、ここも左岸を高巻き。


巻き道から下を覗く。滝は幾つ続いているのだろうか?


トラバースに入ると、幸いにも獣道があり、藪っぽさも無く助かりました。
ここをたどると、無事、連瀑上の落ち口へ。

 
10m程の滝はロープを出して滝右壁を突破。リードはトシゾーさん。
プロテクションは、カム0.1~1番までを使用。


フォローなら安心快適。ありがとうございます!


無事登って「やれやれ」と、安心するのもつかの間、またまた滝の連続!

 
ここも左岸のルンゼを登って大高巻き。落ちたら沢床一直線なので、厳しいところは確保しつつ突破。
標高差で150m以上は登ったと思います。


だいぶ登ったので沢床はよく見えず・・・
ウ〇チ盛り沢山の鹿のキジ場をやり過ごし、明瞭な尾根に乗ってトラバース。
ここも立派な獣道があり、しっかり足場ができていて助かりました。


獣道をトラバースしていくと降りれそうなルンゼにぶつかり、そこから沢床へ戻ることができました。
ここもトシゾーさん、ナイスルーファイ!
渓相もおだやかになって、もう怖い高巻きも終わりかと思いきや・・・


またしても深いゴルジュが目の前に!!
遡行図には「3段50m右巻」とあり、それに倣って左岸高巻き。


この下も、またチェックポイントでしょうが、人が入る事自体が厳しい・・・。


ゴルジュを巻いて、やれやれと一息。


何かと思ったら、飛行機のプロペラの残骸。
赤石岳の南斜面には、戦時中に墜落した爆撃機の残骸が、至る所に落ちているとの事。合唱・・・


雪渓も本当にわずかですが、残っていました。


傾斜も落ち着き、左右が開けると、ようやくゴールとなる待望の稜線が!
上にいる尾根チームからは、我々の姿が見えたという無線連絡。
しかし、こちらからは尾根チームが何処にいるのか?よく見えず・・・


お花畑もちらほら。


左のピークは赤石岳、正面の稜線はラクダの背。
登山道は稜線上にあるものだと思っていたところが、よく見れば、登山者らしき人が赤石のカールをトラバースしている!?
「お~い」と手を振る、尾根チームのM月さんの姿を見つけました。


左岸側の斜面、特にルンゼっぽいところもチェックポイント。


バックに見えるは、白峰南嶺「笊ヶ岳~青薙山」の稜線。


源頭を見届け・・・


最後の詰め、ガレガレできつかった~

 
そして、標高2700m付近の登山道に合流し、無事完登!
既に捜索を終えて登山道で待っててくれていたM月さん、N倉さん、A堀さんの尾根チーム、そして沢チームの皆さんとも硬い握手をして、捜索を終了しました。
2日間とも良い天気に恵まれ、事故怪我もなく、無事目的を達成できたことに大満足。

この日は、遺留品と思われる折り畳みのマットを発見しました。
恐らくは、ラクダの背からここを滑落したのだと思います。
既に1年以上も経過しているので、残念ながら遺骨発見とまでには至りませんでしたが、我々チームは最善を尽くしたと思います。


富士見平から、振り返って赤石岳の頂。
ここから見る「ラクダの背」は、夏でこそ「ラクダのコブ」のように見えますが、「冬はナイフリッジとなって厳しくなるんだろうな~」と、しみじみ思いつつ下山しました。


8月の大縦走では、ガスって全く見えなかった「荒川三山」も今日はくっきり。悪沢いい山ですね。


そして、こちらは聖岳の東尾根。


富士山バックに、捜索チーム一同、皆さんの充実した顔が良いですね。
この富士見平には、墜落した爆撃機の慰霊碑が、ひっそり立てられていました。


16時過ぎに赤石小屋へ到着。
まさかテン場は既に一杯??なんていう心配がよぎりましたが、なんとか場所確保。


テント張って、濡れた沢服を全部脱いで落ち着けば、呑兵衛はお待ちかねの時間。
今日は皆さんと静かに献杯!
元山岳救助隊のN倉さんに、遺留品の発見場所を報告中。


夕日に聖と兎のシルエット。ここから見る兎岳は、なかなかピラミカルですね。


3連休の中日ということで小屋は激混みでしたが、小屋の管理人T橋さんのご厚意で、夕飯を提供いただく事ができました。
今日の夕飯は名物の生姜焼き、ありがとうございます!


夕飯の後は、M月さん&A堀さんのテントで三次会?
ラムに日本酒、ウォッカと・・・今宵も吞んだくれてしまいますた。。。


3日目。

未明から小雨が降り出し、フライシートを叩く雨のポタポタ音で目が覚めました。テントの外はガスガス。
今日は下山するだけなので、ゆっくりテントの中で寝ていたかったのですが、小屋の朝食準備が5時半ということで、5時起床。
小屋泊された方は既に出発されたようで、小屋の中はものけの空・・・皆さん出発が早いのね~。


管理人のT橋さんと一緒に記念の一枚。僅かな時間でしたが、お世話になりました。

時々小雨が降る中、A堀さんのキノコ教室も交えつつ、ゆっくりと下って11時には椹島へ無事下山。
遺留品は、椹島に駐在されている県警の山岳救助隊の方へ引き渡し、私たちの捜索任務は終了しました。


帰りは、勿論「白樺荘」の温泉へ!
帰りは運転してくれるという野Tさんには、大変申し訳無かったですが、遠慮なく「生」をゴチになりました!m(_ _)m


白樺荘の食堂口の壁に貼ってあった、野Tさんの紹介記事!?あらら、有名人なのね~(ってフルネーム出ちゃった)。
皆さん!強くて優しい野Tガイドを是非、ご贔屓に!


北沢は、予想通り滝の連続で、全てが登れる代物ではありませんでしたが、久しぶりに沢登りを満喫することができました。
トシゾーさんを始め、M田さん、野Tさんには大変お世話になり、同じ時間を共有できたことを誇りに思います。

尚、今回の遡行では、「ウィークエンド・クライマーのチラシの裏」さんのブログにあった遡行図が大変参考になりました。
ありがとうございました。

警察の方の話だと、回収した遺留品が行方不明者ご本人の物と判断し、死亡が確定するか否かは裁判所の判断に委ねられるとの事でしたが、今回の捜索が、ご家族のお役に立てられることを切に願います。
亡くなられた方のご冥福をお祈りすると共に、家族やご親族の方にお悔やみを申し上げます。

スポンサーリンク