日 付:2016年 3月12日(土) ~ 3月13日(日)
場 所:霞沢岳 中千丈沢(上高地)

クライミングという少々?危険な遊びをするようになって、早や一年。
山岳会のクライミング教室から始まり、アルパインクライミングに沢登りと、どんどんエスカレートし・・・そして今回、とうとうアイスクライミングまで手を出し、祝デビュー!

今年は暖冬の影響で、標高の低いアイスエリアは軒並み危機的状況との事で、山岳会のK会長にお願いして、向かった先はというと・・・




冬季閉鎖中の、このトンネルの向こう側。
昔は、チョットした秘境感あふれる素掘りのトンネルでしたが、今は普通のトンネルで味気ない。


ヘッデンつけて約1,300mあるトンネルを越えると、目に飛び込んでくるのが、噴煙あげる焼岳ですね~。
そう、向かった先は「上高地」。
”かみこうち”と言えば、南アルプスの「上河内」を連想してしまうのは、静岡県人の私だけ?


いや~それにしても天気はサイコー!晴れと曇りとでは、全然気分が違うんだな~。
そして、上高地といえば・・・


大正池からのこの景色。
冬に訪れたのは今回初めてですが、この景色が見れただけでも来た甲斐あり!
何よりも、夏と違って人がいないのが良いですな~。

昔と比べると、人の手があちこち加えられて、もとの自然の景観を失いつつあるのが気に入らないですが、雄大な穂高の稜線は、昔も今も変わりない。

 
大正池ホテルを越えて少し歩いたところに、今回のアイスエリアの取付口「中千丈沢」の橋がある。
車を停めた坂巻温泉からここまでの所要時間は、約1時間半。

 
沢沿いにつくトレースの上を歩いて行くと、徐々に勾配が増し、やがて大岩が現れた。
右と左でトレースが分かれていたが、何も考えず左(右岸側)のルンゼをずんずん登っていくと、斜面は更にきつくなり、いつのまにか、ダブルアックスで3点確保しながらの雪壁クライミングとなっていた。
どうも滝の高巻きルートだったらしく、最後は右にトラバースして沢側へ降りていった。
いやはや、もう全身汗だく。

そこから、まもなくして氷瀑エリアに到着。
氷瀑は、上から下まで全部で9ルートあるので、どれから登ろうか?と目移りしますが、先ずは、あまり壁が立っていない所から行きましょう・・・ということで、


最初に取り付いたのは、ナメ状のいかにも優しそうな「ミルキーウェイ」でした。


それでも下から見上げると、出だしは結構立ってる感じ。
K会長から登るコツを教えてもらい、アックスを試しに刺してみると全く刺さらず、3、4回叩いてもバリバリ割れるばかりで固いのなんの・・・こんなんで登れるの~!

K会長リードでいよいよクライムオン。やはり氷が固いらしく、アックスが刺さらず苦労してる。
が、最初の壁をクリアすれば、その上はスラブなので楽々終了点へ。


出だしの氷の裏側はご覧の通り。氷に亀裂はあるし、スクリューは貫通寸前、だいじょうぶ~?

トップロープをかけてもらい、いよいよ私の番。
落ちる心配は無いですが、やはり氷が固く何度も氷を叩くうちに、腕が疲れてしまい、テンショーン。
足も決まらず落ちまくりますた・・・


「アイスのリードはいやだ!」と言っていたK会長もトップロープで練習。
2本目以降は、少しコツもわかってきてノーテンでトップアウト。
この日は「ミルキーウェイ」の1ピッチ目を3本登って終了しました。

帰りは、FIXロープのある沢ルートが順番待ちで渋滞でしたので、登ってきた高巻きコースをまたまた汗だくとなって降り、途中水を汲んだりしたのでテン場に戻ってきた頃には、もう日が暮れてしまった。
とは言っても来週はもうお彼岸。いつの間にか陽も随分と伸びました。


夕飯はK会長特性?バジルソースのパスタに、クリームチーズのシチュー!?
コンソメベースに具を煮込み、クリームチーズをそのまま鍋にぶち込めば、シチューの出来上がり!・・・って、これぞ山やの飯?
K会長はお酒飲まないので、私はいつものビールにワインを空け、ちょっとだけほろ酔いになったところで、お開き&消灯。
用足しに外へ出てみると、溢れんばかりの満点の星空だった。


さて夜は明け、2日目の朝・・・


K会長が食事の支度をしている間、私はこっそり大正池の湖畔に行って、景色を堪能しに・・・
ちょうど朝日が、焼岳の山頂を明るく照らしたところだった。


そして、こちらも。
周りには誰もおらず、この景色を自分一人がなんか独占している感じで、朝から気分が良かった。
午後から下り坂予報の2日目ですが、今朝は御覧の通りの快晴!

今朝は、テント内にあった飲み水が凍る程の冷え込みでしたが、ビックリするほどの寒さではなかった。
朝食は、質素にパンとスープ。シチューで使ったクリームチーズを、今度はパンに挟んで食べてました。(クリームチーズって万能的だ!)

 
さて2日目、またまたあの高巻きルンゼを登り、氷瀑エリアへ。

まず取り付いたのは「コメット」。ここは、マルチで登ろう!ということでまず1ピッチ目。
そんなに難しくはないですが、朝はとにかく氷が固くて苦労しました。
リードはもちろんK会長、私フォローで無事1ピッチ目に到着したのは良いが、セルフを取ろうとしたところで、私は、事もあろうにアックスを下に落とすアクシデント!!下に誰もいなくて良かった。

K会長には申し訳なかったですが、ここをマルチで登る事ができなくなり、懸垂して終了。
どんまいどんまい、ハイお次行きましょう!


フェアレディ「 」、マジンガー「 」に入るアルファベットの文字を入れなさい・・・
と言えば、中千丈沢のシンボル的な氷瀑ですね!
(って、ここに来るまでは全然知らなかったのですがね・・・)


その姿の通り”Z”を下から見上げる。見事な氷瀑!


”Z”の一段目のテラスまでの約10mはフェイス。
やはり氷が硬くて、叩く度に氷が割れてバラバラ下に落ちてくる。
腕がすぐ疲れるのでK会長もテンションかけて休み休み登っていきました。
”Z”の中央から右の立ち木に終了点を構築し、またまたトップロープを張っていただき、私の番。
凹を突いて登っていきますが、さすが垂壁。
アックスは叩けど叩けど刺さらない上に足も決まらず、何度もテンション。
それでも3回目で、何とかノーテンで登れるようになりました。


2ピッチ目が核心らしいですが、水が滴っていて今回はパス・・・というか、K会長リードで行くのは、ちょっとパスだった?


”Z”を登るガイドさん。
「アイスはこうやって登るんだぜ~」と、言わんばかりの迫力ある登りでした。あっという間に終了点へ。
スタンスは広めに取り、アックスも一発ないし二発でしっかり決めていました。


”Z”のその上にあるのが、「ジョーズ(左)」と「一角獣(右)」。


沢山人がいたのでパスしましたが、正直ここを登ってみたかった。
下段は易しそうですが、上段がいずれも本命のところ。


更にその上にあるのが「達磨(だるま)アイス」。文字通り”ダルマ落とし”のような形をした氷瀑。


あまり登る時間が無いので、最後はこの「達磨アイス」を登ることにしました。
壁は寝ているように見えて、ルートの取り方によっては、案外立ってたりします。


「達磨アイス」の取り付き点から見た焼岳。
懸垂で下ると時間は既に15時。予定の下山時刻となったので、ここでタイムアップ。
「いや~アイスって楽しいな~」という気分で最後終えることができました。


テン場に到着し撤収終えると、時間はあっという間の17時。
あの釜トンネルを抜け、車を停めた坂巻温泉に着いたらもうあたり暗くなってしまいました・・・いやはや1日はあっという間。

今シーズンは、もうアイスは行けそうにないですが、来シーズンこそは、ダブルでアイスアックスも買って、ガンガン行きたいな~と思ってるが、アイスってホント金掛かるな~。

K会長、2日間ありがとうございました。