日 付:2016年 8月21日(日)
場 所:瑞牆山 大面岩・左稜線ルート


最近恒例となっているW's Barでの飲み会で「山やへの扉」(また宣伝してしまった)のトシゾーさんと
「ホラの貝」へ沢登りに行く約束をした。

前日まで、その「ホラの貝」へ沢登りに行くものだと私とリュウは思っていたところが、何故か?そのトシゾーさんから「瑞牆へ一緒にどう?」というお誘いが・・・???

あれ~「ホラの貝」では?
聞けば約束した記憶が、完全に飛んでいるとのこと・・・やっぱり~

私とリュウは完全に逆を突かれた感じとなったが、瑞牆へ一緒に行くことに。
しかし瑞牆か~
足の小指を骨折して以来の3ヶ月もの間、一度もクライミングシューズを履いていないのに、病み上がりで、いきなり瑞牆とは・・・
クラックを登るのは、怪我を再発させそうでまだ怖いし・・・クラックには登りたくない。
・・・と言う訳で、何処を登ろうか?いや何処が登れるの?
私にとっては不安だらけの初瑞牆だったが、一体どうなったか?


朝6時にトシゾーさん&Qちゃんとリュウの3人と合流し、9時前に「瑞牆の森」駐車場に到着。

今日の瑞牆山は、ガスガス。
台風が近づいているとあって湿気があって、しっとりしている感じ。
でも気温は19度だったから、「山を歩くにはちょうど良い涼しさだなー」と思ったのは最初だけで、直ぐに汗だくに・・・

トシゾーさん夫婦は、課題のルートがあるカンマンボロンの岩場へ行くとの事。
私とリュウは、この5.12以上のハイグレードなクラックゲレンデは手も足も出ないので、5.10前半だという大面岩の「左稜線ルート」のマルチを二人で登る事にしました。

10台前半なら、なんとかなる・・・
この時は完全に舐め切ってそう思っていたのですが、後にワイドクラックの辛さを、思い知ることになろうとは・・・

ちなみに大面岩は、「だいめんいわ」と呼ぶのではなく「おおづらいわ」が正解。
私はずっと前者の方を言い続けていた。
「カンマンボロン」ってのもなかなか覚えられず、「アンマンマロンだっけ~」とか、適当なことを言っていた私であった。

さてその”おおづらいわ”の左稜線、100岩のトポを頼りに、取り付き場所を探すも、肝心の岩場がガスって見えず目星がつかない。
踏み跡を辿っていくと、それらしきルンゼと踏み跡があり、そこをさらに登っていくと、1ピッチ目のリングボルトを発見。


用を足している訳じゃありませんよ~。

1ピッチ目は、苔ってあまり登られていないとのことだったので、2ピッチ目の取付きを探すも、これがどこだかよく解らない。私が持っているトポには、2ピッチ目は「木登り」とだけ書いてあったので、忠実に・・・


木登りでその2ピッチ目は、私リードでスタート!・・・ってこれって正解か~?

 
最初はジメジメしたルンゼを歩いていき、岩場に出るとすぐ立ち木の終了点があった。

3ピッチ目のリードはリュウ、簡単なスラブですが、最後いやらしいスラブのトラバースが待っている筈・・・


と思ったら、そのスラブ手前の立ち木でピッチを切っていた・・・
ってことは、そのおいしいところは俺リード?

3ピッチ目を取り付いていると、下の方から、何やらトシゾーさんの叫ぶ声が!?
「取付き場所は何処~?」との事。

アンマンマロン・・・じゃなかった、カンマンボロンのクラックを登った後、これから、このおおづらいわの左稜線マルチを登るとの事だ。お~なんて心強い!

4ピッチ目、トポには10cと書いてあり、「俺病み上がりだから」という言い訳で、リュウにリードをお願いした。


そのいやらしいトラバースの岩の前でリュウをパチリ。
その上のホールド乏しいカンテのスラブも靴のフリクションを信じて、何とかトップアウト。


4ピッチ目の終了点の広いテラスで昼休憩し、次の5ピッチ目に取り付く準備をしていると・・・


トシゾーさん達は、もう4ピッチ目まで追い上げていた。早っ!

 
5ピッチ目のフェースは10bということで私リード。ボルダ―を乗越えて序盤は問題ないが、中盤のカンテでホールド・スタンスが無くなり、どうしたもんかと悩む。
リングボルトがある核心のところで見事、ヌンチャク握ってトップアウト!
ははは・・・がっくし。

 
6ピッチ目はリュウがリード。出だしのトラバースがいやらしくビビりますが、手はあるので問題無し。
中盤以降はどスラブ。ホールドスタンスありませんが、ここも靴のフリクションを信じトップアウト。

7ピッチ目はそのままコンテ歩き。で、いよいよ核心??の8ピッチ目。
トポには10aと書いてあるが、続けてチムニーとかOWとかも書いてある。
これ知らないと、とんでもないことになる。
チムニーはわかるが、OWって???・・・という調子で、私リードでそのチムニーに取り付いてみると、狭っ!
ボルトがあるのでルートであるのは確かですが、両壁は水が垂れるほどのヌレヌレ、もちろんザックを背負っていては登れない!
ホールド・スタンスは無く、脚と腕を突っ張らせながら登るもギブアップ・・・

で、リュウとバトンタッチすると、トシゾーさんたちもここで合流。


「背中と手の平、膝と足裏を突っ張らせながらジリジリ登って行くんだ」
・・・ということをリュウにアドバイス。
リュウは「背中イテー」とか「膝イテー」とか言いながら、何とかじりじり登っていったが、こりゃ、キツそう・・・


ヌレヌレの両壁をなんとか抜けるとザックを荷揚げ、でも次の例のOW=オフウィズスが本当の核心、うまく登れない・・・
「つま先とかかとをつっかえながら登るんだ」というトシゾーさんの更なるアドバイスと、ボルトに残置したザックを足掛かりにし、1時間もかけて何とかトップアウトしました。
時間かかり過ぎ~


フォローの私も、背中と膝に擦り傷を負いながら、じりじりと・・・
時間が押していたこともあり、もう何でもアリでトップアウト!
もう全身運動でへろへろ。

 
「半袖半ズボンで来るんじゃなかった~」と泣くトシゾーさんと、チムニーの出口から顔を出すQちゃん。

最後の大面岩のピークまでは歩きとなり・・・


そして無事、天辺に何とか立つことができました。全員揃ったところでハイチーズ。




気が付けばガスガスは切れて、全く見えていなかった瑞牆山や十一面岩などの景色が目の前に!


ピークで終われるマルチは、本当に気分が良いですね~。景色が良ければなおさらです。


下降路は、登ってきた岩を懸垂下降し、途中整備されていたFIXロープも利用して、無事最初の取付き場所に戻ることができました。
懸垂途中、ムササビらしき動物が滑空し、これにはびっくり。


駐車場に戻ったのは日没前の18時半。
誰もヘッデン持ってきてないので、暗くなる前で良かった。

そして、帰りはやっぱり温泉へ。


近くの「増富の湯」は19時で閉店だったので、「クララの湯」で汗を流し、ついでにラーメン食べて静岡へ帰りました。

今回、もしトシゾーさんたちと別行動だったら、あのチムニーとOWが結局登れなくて撤退していたかな~
トシゾーさんに助けられて、今日はピークまで行けた気がします。
私もリュウもまだまだですが、良い経験をさせていただいた瑞牆でした。

トシゾーさん、「ホラの貝」ではなかったけど、お誘いありがとうございました!