日 付:2011年11月18日(金)8:00~17:00
場 所:熱海 初島/第一堤防
天 気:曇り 波:2.0→1.5m 風:北東弱
潮 時:小潮 (満潮10:44/21:38、干潮3:21/16:46)


会社を休んでまたまた初島へ。久しぶりに朝一番の便に乗り、日帰りで行ってきました。
今回は、11月に入ってから「第一堤防の拡張工事が始まった」というショッキングな情報があったので、その状況を確認するのも目的の一つであった。

その第一堤防の状況ですが・・・


うわさ通り、通称「テスリ」と呼ばれるフェンスのところは「立入禁止」の看板が・・・
テトラおよび堤防の先端は、立ち入り禁止にはなっていないので釣りOKですが、ここが立ち入り禁止になってしまうとなると、休日の第一堤防は、相当の混雑が予想されますね~。

さて、今回の釣りの状況・・・
向い風となる北東風の影響で、テトラは波で洗われていたが、迷わずテトラの釣り座をチョイス。
波しぶきで全身ビショ濡れとなる洗礼を受けつつ、早速コマセと仕掛けの準備をして8時過ぎにスタート。

波しぶきをもろに顔面に食らい、それが首元を伝って背中に入り、冷たいのなんの・・・
コマセの入ったバッカンへの浸水被害だけは何とか食い止めようと、コマセを打つ度にバッカンのフタを開け閉めするが、効率悪っ!

こんな状況でも、開始して2投目にウキがきれいにシモるアタリ!・・・合わせると一気に足元のテトラ根に逃げ込んだが、無事タモへ。
40あるか無いかくらいの口太、幸先の良いスタートだ。

続けて3投目にもアタリ。
同じく根に逃げ込もうとするが、今度は針ハズレ。こりゃ入れ食いモードか?


早くもズタズタとなったハリスを交換し、バッカン内の溜まった水を抜いていると、沖からクレーン船がタグボートに牽引されて出勤。
早速、「テスリ」の東側にあるテトラの撤去作業が始まりました。

工事の影響で魚の活性が落ちないか?心配したが、活性は下がることもなく、数投後のやや沖目でこれまでと違う大型がヒット!
しかし、あっという間に沈根に張り付かれ、万事休す。諦めてハリスを切って、浮いてきたウキを回収。

メジナだけでなく餌取りも活発で、餌が10秒と持たないが、数投後に再び良型ヒット!
タモ入れも成功し、40弱のメジナを追加。

満潮時間を過ぎ、潮が下がり始めると波は次第に穏やかになり、バッカンの浸水被害は無くなった代わりに、メジナのアタリがバタリと遠のいてしまいました・・・

お昼をはさんで、後半戦。
タカベ、アイゴが凄まじく、しばらくお相手。
本命が釣れないまま時間が過ぎ、あっという間に16時。
クレーン船が本日の仕事を終え、お帰りになった後に2回連続でひったくるアタリ。
しかし瞬殺でチモト切れ・・・尾長の仕業か?
数分後にまた良型ヒットするも、あっという間に足元の沈み根に入られ、バラシ・・・(ToT)
は~~今日は何度バラしたことか?

夕マズメの地合到来ですが、今日は最終便の船に乗って帰らなくてはならない。
時間はあまりないが、仕掛けを作り直して投入すると直ぐアタリ、35サイズを追加。
そして、本日最後の1投と決めたウキにもアタリあり、40弱を追加して納竿。
泣く泣く最終便に乗って帰宅。
釣れた喜びよりも、バラした悔しさが残る釣行でした(いつもの事か・・・)。

初島第一堤防の拡張工事で、釣りへの影響は一体どうなるかはわかりませんが、この数年の工事で、さらに東側へ堤防が伸びるとのことでした。


本日の釣果。