日 付:2018年 5月 5日(土) ~ 5月 6日(日)
ルート:八ヶ岳 権現岳・東稜(バットレス) 権現岳東稜~権現岳~ツルネ東稜より下山

<1日目>
美し森P(10:15)→出合小屋(12:20) ※権現岳東稜取付まで下見
<2日目>
出合小屋(5:15)→ゴルジュ出口(5:52)→東陵合流(7:16)→リッジ前から登攀開始(9:06)→登攀終了(12:30)→稜線(13:10)→ツルネ分岐(14:04)→出合小屋(15:30-16:10)→美し森P(18:00)


GW後半は、K会長にイデッチ&私の3人で、北アルプスの山へ行く予定でしたが、天候不良のため断念。
GW最終の2日間だけが条件良く、1泊2日で行けるところ・・・といったら、やっぱり八ヶ岳になってしまうのね~

八ヶ岳の冬季アルパインシーズンは、もうとっくに終わってしまっているので、何処へ行こうか迷いましたが、私の希望で「権現岳東稜」へ行くことに。
GW中ということで、さぞかし中央道も混んでいるかと思いきや、意外にも道中空いていて、静岡を出発して3時間、予定通り10時には清里の「美し森駐車場」に到着しました。


ゲートを越えて、ここから長い林道歩き。

 
単調な林道を1時間ちょっと歩くと、やがて砂防ダムが現れ、ここで林道も終わる。


その砂防ダムのところからは、明日目指す△状の権現岳バットレスがよく見えました。


沢を何回か渡渉し・・・(カメラでスタンばる性悪な先輩)

 
ゲートを出発して2時間で、ようやく出合小屋へ。
GW真っ只中、誰かしら他のパーティーがいるかと思いきや、意外にも意外、小屋の中はものけの空。


小屋から少し離れたところに、テン場の適地を見つけ、イデッチが担いできた、おNewの3人用テントを設営。
おNewのテントって、なんだか新築の家に泊まるみたいで、気持ちが良いね。


荷物をテントの中に放り込み、さっそく明日のルートを下調べする為、出発。
途中、「ツルネ東稜」の看板も地獄谷本谷と権現沢との出合にありました。
明日はこの尾根を下って、ココに降り立つ予定。


北斜面の左岸側に残雪、踏み跡がある右岸側をしばらく歩いて行くと・・・


やがて権現沢右俣左俣の出合に。この二俣の出合から延びる尾根が、権現岳東稜の基部だ。
基部には薄い踏み跡が残り、ここを先ず登ってみることに。
しかし早々に岩壁が出てきて、ちょっと突破は厳しそう・・・ということで、左俣側の沢へ降りると・・・

 
両岸が狭まりゴルジュの中へ。
既に残雪は繋がっておらず沢歩きとなりましたが、難なく通過することができました。


そのゴルジュを越えた先の左岸側が、東稜への取付き場所だ。
上部の状態はちょっとわからないが、何となく踏み跡もあり、立ち木を伝っていけば何とか登れるでしょう・・・ということで、明日はここから取り付くことに決定。

 
テンバに戻り、やることと言えば呑むことでしょう!明日の成功を祈ってビヤーで乾杯!

イデッチが持ってきたワインを空け、私が持ってきたウイスキーも空けて、今宵もほろ酔いに。。。
イデッチに「その後、あの娘はどうなったのか?」だとか、いろいろ職務質問したかもしれないが、忘れてしまいました・・・


翌朝・・・

夜が明ける前の3時に起きて、4時には出発する予定が、誰も起きることができず、4時起床・・・あちゃ~~


しっかり朝飯を食って、結局予定より1時間遅れの5時過ぎにテンバを出発。
朝日が射して輝く権現岳。これから標高差にして800mくらい登るのかな?


アイゼンも着けることなく、ゴルジュを通過。


そして東稜の取付き。お約束通り、このルンゼを登っていきました。が・・・

 
これが悪い!
登っていくうちに、だんだん傾斜も立ってきて、おまけに上部のルンゼは染み出しもあって滑りやすく、かなり危険ということで、早速ロープ出しました。
ルンゼをトラバースして更に右上を登って行き、根っこ+木登りで壁を乗り越え・・・


3ピッチで、ようやく尾根上へ。取付きからこの尾根に乗るまで、1時間以上も費やしてしまいました。
雪が付いているシーズンのほうが、アイゼンとバイルを効かせて、ガシガシ登れて断然早いと思いますが、まあ、落ちたら沢床まで直行なのでロープでの確保は必要だろうな~。


尾根上に無事乗って、ここから高度を上げて行きます。
スパッと切れ落ちた痩せ尾根個所からは、バットレスが良く見えました。

 
右手に赤岳の姿も。


樹林帯から、やがてハイマツ帯へ。ハイマツの枝によじ登って通過していくと・・・


いよいよ、バットレスがお出まし。


そして、その先には、左右切れ落ちたナイフリッジが・・・。
リッジを渡るか?リッジ右の雪渓側をトラバースするか・・・よく見れば、木を伝って雪渓へ降りれそう・・・
ここから、ロープを出して、私リードでリッジ右の雪渓側へ降りることに・・・
壁際を直上し、立ち木を伝って急斜面の灌木帯を登り、30mほど登ってピッチを切りました。


2ピッチ目も私リード。この草付きの壁がまた嫌らしいのなんの。落ちなくて良かった~。
ここも雪が付いてバイルが打ち込めれば、通過はそんなに難しくはないでしょう。


2ピッチ目の終了点(立派な立ち木)からバットレスを見上げる。雪は当然アリマセーーン!
さて、ここからがいよいよバットレスの岩稜帯。
Ⅳ級ということで、そんなに難しくはなさそうですが、初見ということもあるし、何があるかわからないアルパインルートということで、クライミングシューズに履き替えて、私リードで登って行きました。


岩もしっかりしていてスタンス豊富、ガバガバで快適。
ハーケン+リングボルトも豊富で、迷うこともありませんでした。
40m程伸ばしてリングボルトのある終了点へ。ラッペル可能な立派な終了点でした。

最終となる4ピッチ目も私リード。
その4ピッチ目は一転、壁が脆く浮石だらけ。壁もだんだん寝てきて難しさはありませんが、ハーケンも無く結構ランナウトしました。太い灌木に支点を取り、やっと人心地。


最終ピッチも40mほど伸ばし、ハイマツに終了点を構築。
アプローチシューズで、ここまで登ってきたK会長とイデッチも無事到着し、登攀終了。

K会長「アイゼンじゃあ、とてもおっかなくて、登れね~なあ」とボソリ。
「確かに、私もアイゼンだったらリードしないっス。」


左には権現岳のオベリスク。もう喉はカラッ空。メインロープを解いて、しばらくこの景色を見ながら休憩。


休憩後は、このリッジをハイマツに掴まりながら登っていきました。


そのリッジから見るこの景色。
左のピークは旭岳。その旭岳も東稜ルートがありますが・・・一体どこを登るのかな?


そして無事稜線へ!やりました~~。で、恒例のハイチーズ!
ここへ12時に到着する予定が、時間は既に13時を回り・・・まあ、寝坊して1時間遅れのスタートだったからオンスケかな?


天気は良いのに何故か?登山者は誰もおらず??GWの最終日だし、もう下山しちゃったのかな?


権現岳といえば、名物?のこの30mの梯子。
「まだ終わんねえぞー」とブツブツ言いながら、その梯子を下って行くK会長。


振り返って権現岳。南東斜面と違って、北斜面はやっぱ雪多いですね。


阿弥陀も赤岳も、もうすっかり夏山です。


またまた振り返って、こちらは旭岳。


権現岳から一般道のハイウェイを1時間ほど歩いて、予定通りツルネ東稜で下山開始。

 
尾根が幾つも分岐していて道迷いしやすいですが、踏み跡と赤テープ、
そして写真の古錆びた黄色の標識を忠実に辿って行けば、やがて道も明瞭になり・・・


ツルネから1時間ちょっとで、テントを張った出合小屋まで、無事下山することができました。

時間は既に15時半、テントを撤収し、ここから更に2時間のうんざりする林道歩きが始まる・・・
でもってその帰路で、思わぬハプニングがあろうとは・・・?

わたくし、沢の渡渉でバランスを崩し、沢に沈する大失態をやらかしました。
水に落ちる瞬間の一部始終を、後ろを歩いていたイデッチに見られ、笑われる始末💦


水浸しの私は、寒さに震えブルブルしながらゲートに到着。この林道歩きは長く辛かった~。

帰りは、ちょっとお高めの「大泉パノラマの湯」に浸かって体を温め、これまた高めの大泉にあるトンカツ屋に寄って空腹を癒し、私のGWは無事終了した。

権現岳東稜は、八ヶ岳の西壁と違って歩きごたえがあり、なかなかでした。
次は、是非積雪期に行ってみたいですね。