日 付:2020年 5月 3日(日)ルート:石部~花沢山~日本坂峠~満観峰~逆川~宇津ノ谷 (自宅起点の周回)

南は「大崩海岸」からどーんと山が突き上がり、北西方向に400m級のピークが連なっていている通称「焼津アルプス」。
焼津市と静岡市を跨ぐ山、「日本坂トンネル」直上の山・・・と言った方が、ジモティじゃない方には解り易いのかな?
その登山口にも、非常事態宣言を受けて「登山自粛」のお達しが掲げられておりますが、今回も自宅を起点にその「焼津アルプス」を縦走してきました。


朝6時に自宅を出発し、国1経由で通称「用宗街道」をゆっくりペースのジョギングで石部方面へ。
ここまで約10キロのロードワークで、既に汗だく・・・💦


東海道線の「石部踏切」を渡って、先ずは目の前にある山を目指します。


今回のルートは「東海自然歩道バイパスコース」と呼ばれる赤い線、下山先は「宇津ノ谷峠」の国1バイパスでありやす。


このバイパスルートの直下には、日本の大動脈でもある東海道新幹線と東名高速、そして国道150号バイパスと、それぞれの日本坂トンネルが走っております。眼下は東海道新幹線。


しばらくは農道を登って行き、この入口からトレイルラン。


登り一辺倒でほぼ歩きですが、まず最初のピーク「花沢山」へ。


「花沢山」のピークには展望ありませんが、少し離れたところに焼津市を見渡す展望地があります。
が、今日は霞が出て景色は今一つ・・・


「花沢山」を下った鞍部が、古道の「日本坂峠」。


振り返って「花沢山」。


「日本一の展望地」という事ですが・・・


今日は霞んでしまって今一つ。霞が無ければ、富士山と駿河湾、そして静岡市内の街並みが綺麗に見えるのでしょう。


幾つかアップダウンを繰り返して、焼津アルプスの主峰「満観峰」に到着。


その満観峰からは、焼津港の展望。


満観峰をさらに北西方向に下って行くと「逆川&舟山」の分岐点へ。
前者は「宇津ノ谷峠」方面、後者は「丸子」方面となりますが、予定通り前者の「逆川」方面へ。


文字通り、逆川と言う沢沿いを一気に下って行くと、民家(逆川集落)に出ました。


道端に咲くシャガの群生。


マツバウンランとハハコグサの群生も。


集落を抜けて更に下って行くと、国1バイパスにぶつかりました。


とは言っても、その後もロードワーク(10キロ以上)は続く・・・

今年のGWは、いろいろ山行を計画していましたが全て中止。
「ゴールデン」ならぬ「ガマン」のウィークになっておりますが、周囲に気を配りつつ、明るくポジティブに、この苦境な時をどうにか乗り切って行きたいですね。