日 付:2020年 9月19日(土)~22日(火)
ルート:大井川水系 寸又川支流・栗代川を遡行~大無間山山頂~大井川支流・関ノ沢を下降

<1日目>
栗代川林道ゲート(7:27)→遡行開始(9:30)→ 箱淵(10:03)→ 鶴ノ天(12:38)→竜神の瀬戸手前(15:00)※幕営
<2日目>
竜神の瀬戸手前(7:00)→竜神の瀬戸核心部(8:04)→コッパ沢出合(9:11)→倉沢橋(11:40)→15m大滝(12:36)→二俣(14:35)→源頭部付近(16:02)※幕営
<3日目>
源頭部付近(6:53)→大無間山(7:52)→関ノ沢本谷下降点(8:38)→三俣出合(10:50)→10m魚止滝(12:35)→田代沢出合(14:09)※幕営
<4日目>
田代沢出合(7:01)→サイメン沢出合(9:47)→取水堰堤(11:41)→導水橋下(13:11)→あぷとライン尾盛駅


2日目、5時起床。


予報通り、明け方から小雨が降り出し、タープを叩く雨音で目が覚めました。
お酒をよく呑んだおかげで、シュラフに潜ったら直ぐ熟睡しましたが、未明に用足しに起きたその後は、なかなか寝付けずそのまま朝を迎えました。


朝食は、昨晩、串焼きにしたイワナをそのままぶちこんだ、ミッチー特性の炊き込みご飯。
オアゲの油も染み出して、美味しく炊き上げることができました。


朝食もしっかり食って、小雨が降る中、7時に出発。
少し歩けば、早速「竜神の瀬戸」と呼ばれる核心のゴルジュの入口へ。
雨が本降りになる前に、何とか突破したいところ。


「竜神の瀬戸」は、地図上から見るとS字型をしたクネクネゴルジュ、まるで城壁の門のよう。
先ずは突き当りのクランクを右に90°折れ曲がると・・・


蒼々とした深い淵を持つ廊下に入り、朝っぱらから早速泳ぎのセクションへ。水中突破するトシゾーさん。


後続は、ロープで引っ張り上げてもらって、楽ちん突破。


今度は左90°折れ曲がると、またまた蒼々とした淵が見え・・・


更には右90°・・・
次は、一体どんな険悪な風景が待ち受けているのか?ドキドキ・・・


そして・・・目の前に現れたのが、轟々と泡水を落とす核心の二段の滝!
経験豊富で絶大な信頼感のあるトシゾーさんやミッチーと一緒だからこそ気持ち的には楽ですが、もし、ここを単独で突破しようものなら、どうしようかと途方に暮れて、メンタル的にやられてしまうのかも。。。


先ず一段目の滝手前の大プールは、ミッチーが壁をへつりながらの水中突破。
後続はロープで引っ張り上げてもらいました。ありがとー!


一段目の滝は、左岸の岩に空身でよじ登って、ロープで荷揚げ。


一段目の滝の落ち口に出ると、核心の二段目の滝。
過去の記録では、この泡泡した淵にダイブして対岸のクラックに取り付くとの事ですが・・・
こんな殺伐とした泡泡に突っ込むことは、いくらロープで繋がれているとはいえども自殺行為!
ライフジャケットも無いので、下降流にでも巻き込まれたら、それこそ体が浮いてこない事も考えられます。


なので、ここは現場判断。
安全第一(と言っても危険ですが)で左岸の岩を空身でよじ登って行きました。
リードはトシゾーさん。


後続のミッチーはユマール登攀、私はトップロープで安心快適突破。
壁の上部はツルツルですが、よく見れば有効なホールド&スタンスもあり、フリーに慣れていれば、楽々?と登っていけます。
(わたしおちましたが。。。)


岩の上部には、残置ハーケンのラッペルポイントもあって、そこから2段目の滝の落ち口へと懸垂下降。
ミッチーとトシゾーさんが降りて、最後は私がバックアップのカムを回収して懸垂していくと、なんと支点となっているハーケン1枚が抜け、ちょっと冷や汗かいてしまいました💦。


この右岸側のクラックを伝って突破するよりは、はるかに左岸側の壁をよじ登った方がリスクは低いかも?
そこの選択は、その時その時の状況判断、好き好きになるのかもしれません。


何はともあれ、核心部を無事突破し安堵。心強いお二人に謝謝!


30mくらいありそうな滝をやり過ごせば、「竜神の瀬戸」も終わりを告げ・・・


と思いきや、またまた泳ぎのセクションが待っていました。最後は私担当で水中突破。


「竜神の瀬戸」を越えた後だから、もう大したことありませんが、それにしても水を含んだザックの荷揚げが重いこと!


泳ぎのセクションも無事越えて、渓相も落ち着けば「コッパ沢」の出合に到着。
このあたりから少し雨足も強くなりましたが、核心を越えた後なので気持ちも楽。
雨に打たれようが、既に体はびしょ濡れですしね~。


ミッチーを先頭で歩かせると、進むペースがメチャ早くなってオッサンは付いていけなくなるので、こうして竿を出しながら歩いてくれるのが丁度良いですね~。


ここのイワナは、テンカラの毛バリによく反応しました・・・というか、魚影濃い!


ミッチーから竿を借りてレクチャーを受けつつ、私も初テンカラ・・・


で、初ヒット!合わせのタイミングがなかなかムズイですが、テンカラ楽しい!
毛バリしかついていない仕掛けをポイントに降り込むのも、なかなか練習が要ります。


トシゾーさんも初テンカラで釣り上げて、満面の笑み!


「ショウモト沢」の出合を過ぎてしばらく行くと、やがて橋桁が崩壊した栗沢橋が。
栗代川林道の崩壊は凄まじいらしく、今や、めった通る人もいないのかな~?


栗沢橋を過ぎると「大崩沢」の出合。左の巨石瀑流帯へ進みます。


傾斜もきつくなって、大滝も現れ始めました。これは2段15m大滝。


ここは左岸にあるガレガレの草付きルンゼを登って小巻き。
この辺りから私の左膝は痛み出し、ペースダウンぎみ。
もうオッサンは、前を歩く2人に付いて行くだけで精いっぱいでした。。。


標高1450m付近の二俣。左俣を進みます。


テンカラ竿を降りながら、余裕しゃくしゃくで登って行くミッチー。
オッサンは竿を借りて釣りする元気も無く、もうちかれたよ~。


尺サイズの立派なイワナ。


一旦沢が落ち着いたかと思いきや、まだまだ立派な12m滝が現れます。


更にはその上にも二段の滝。


最後の滝を右岸側に巻くと、その上には滝らしい滝は無くなり渓相も穏やかに。
右岸側についた獣道を登って行きました。


でも傾斜は更に強くなり、源頭間近な雰囲気に。
前を歩くお2人とは50mくらい離れてしまい、オッサンは左膝の痛みを堪えつつも、自分のペースで黙々と歩いていました。


振り向けば、大無間山の前衛「風イラズ」。
いつの間にか雨も止んで、山にかかっていた雲も切れ始めていました。


標高もそろそろ2000m、沢筋も細くなり源頭部に到着。
稜線まであと残り100mあまりの地点ですが、時刻はもう16時だし、この先はもう水が取れないので、何とか水場近くで良いテント場を見つけたいも、こんな急斜面に果たして平らなビバークポイントがあるのかどうか・・・


ミッチーが偵察で登っていくと、水場からそう遠くない左斜面に、Goodポイントを発見!
水もあるし、薪もふんだん。今夜はここを寝床とする事に。


何と言っても、私の大好きな大無間の頂が見えるっていうのが良いですね~!
標高2000mともなると、濡れた体はどんどん冷え込むので、防水バッグに入れた着替えを取り出すも全部濡れてるし・・・💦
スマホまでもが浸水して、恐る恐る電源入れてみたものの、緑の縦線が光ったと思ったら、直ぐ強制シャットダウンしてお亡くなりになりました。。。


焚き木も直ぐ着火して、冷えた体も直ぐ温まり気が安らぎました。
上空は薄っすらと夕焼け色。雨も止んで明日は天気が良さそうです。


そしてお待ちかね、今宵も宴会突入! \(^o^)/
源頭の沢で冷やしたビヤーをグビッとやれば、呑兵衛1号2号はエンジン始動!


おつまみは、もちろんミッチーがキープしたイワナ。


更には、ミッチーが持ってきてくれたこのスパムが、程よい塩加減でバカウマ!


極めつけは、これまたミッチー特性の「スパム入り炊き込みご飯」。
スパムって重いけど、山では最高の食材なのね~って、勉強になりました。

釣り師でもあり、シェフのミッチーがおいしいご馳走を作ってくれるので、呑兵衛1号2号は、それを肴に今宵も呑んだくれに。。。サンキュー!ミッチー!!
明日は、大無間山の山頂を踏んで、関ノ沢本谷を下降する予定。

3日目に続く・・・