日 付:2020年 9月19日(土)~22日(火)
ルート:大井川水系 寸又川支流・栗代川を遡行~大無間山山頂~大井川支流・関ノ沢を下降

<1日目>
栗代川林道ゲート(7:27)→遡行開始(9:30)→ 箱淵(10:03)→ 鶴ノ天(12:38)→竜神の瀬戸手前(15:00)※幕営
<2日目>
竜神の瀬戸手前(7:00)→竜神の瀬戸核心部(8:04)→コッパ沢出合(9:11)→倉沢橋(11:40)→15m大滝(12:36)→二俣(14:35)→源頭部付近(16:02)※幕営
<3日目>
源頭部付近(6:53)→大無間山(7:52)→関ノ沢本谷下降点(8:38)→三俣出合(10:50)→10m魚止滝(12:35)→田代沢出合(14:09)※幕営
<4日目>
田代沢出合(7:01)→サイメン沢出合(9:47)→取水堰堤(11:41)→導水橋下(13:11)→あぷとライン尾盛駅


4日目、朝5時起床。

昨晩は、3日間歩いた疲れもあって、ほろ酔いになってシュラフに潜れば直ぐ爆睡。
暑くも無く寒くも無く、快適に眠ることができました。


田代沢の出合は広い河岸段丘となっていて、ビバークポイントとしては最適な場所でした。
(マムシがいたのには、ビックリでしたが。。。)
ゆっくりと朝食を済ませて、ツェルト&タープを撤収し、7時に出発。
最終日の4日目は、関ノ沢本谷を大井川鐡道の関ノ沢橋梁下付近まで下降して、ゴールの尾盛駅を目指します。


出発してしばらくは、穏やかな渓相でしたが・・・


まもなくして、一つ目のゴルジュへ。


最初の小滝はFIXロープの恩恵に授かり、岩壁をへつって下降。
早速、朝からドップリと浸かります。


ダイブして、メットがずれて、溺れるおじさん。。。
ザックを背負ったままダイブすると、ザックの浮力で頭が雨蓋に押さえつけられ、顔が水面に出せなくなります。


渓相は一旦穏やかになりますが、サイメン沢の出合を過ぎると再び深いゴルジュ「八丁暗見」の廊下へ突入!


まるで水路のような狭い廊下ですが、足もついて何とか歩いて行けました。


小さな滝のギャップは岩壁をへつりつつ突破。まあ落ちてもケガはしませんが・・・






その後も、小滝のダイブ&泳ぎは続き・・・


クランク状を左90°折れ曲がると、朝日が射しこむキラキラの渓相に!


天を覆う広葉樹の葉っぱも足元の水際も、何もかもキラキラしてもう癒されまくり。




もう何度も振り返ってしまうこの渓相。
やっぱ晴れてるかそうでないかで、沢に対する印象や雰囲気がまるっきり変わってきます。
晴れた日の沢は本当に美しい。


栗代川の「八丁暗見」は暗く閉塞感がありましたが、関ノ沢の「八丁暗見」は明るく開放感がありますね。


前方に河原が見えて来れば、「八丁暗見」の廊下も終わり。


ミッチーが「ウドウ河内」の魚影を確認したいとの事で、その出合でしばらく一服。

私は、初日に打撲して痛めた左膝が、今になって内出血して腫れ出し、この日は朝から膝を曲げると激痛が走る状態でしたが、ミッチーが持っていたサポーターを巻いたら、何とか痛みも抑えられ助かりました。
やっぱり、打撲など怪我した時の為に、サポーターは常備しておくと安心ですね。
トシゾーさんもまた、昨日高巻き中に転倒して打ったお尻が痛いらしく、今日はペースダウンぎみ。。。
お尻を打撲した時は、どう対処すれば良いのかしら~?


そんなおっさん二人には構わず、自分のペースでさくさく歩いていく一人元気なミッチー。
歩くペースを少し落として、おっさん達を労ってよ~


河原に落とす2つの滝。しばらくは広い河原歩きでしたが、そこを過ぎると・・・


再び深いゴルジュへ突入!遡行図によれば「彦次の瀬戸」との事。


白黒縦模様の岩肌を持つこのゴルジュが、何ともキラキラして美しいこと!


沢の流れに身を任せ、ゆっくりと通過していきます。


「彦次の瀬戸」の出口。改めて美しい自然の造形に、しばしうっとり。
これが、水量増し増しの遡行だったら険悪なゴルジュとなり、まるっきり印象が変わるのかもしれません。


「彦次の瀬戸」を過ぎると、取水ダムが・・・
美しいゴルジュの美渓を見た後だけに、この景色は非常に残念・・・


取水ダムの下は水も減って浅瀬になるかと思いきや、またまた泳ぎのセクションに・・・




それにしても、こういう瀬が延々と続きます。「また泳ぐの~」と苦笑いのミッチー


ここもなかなかの深い渓谷です。


ゴールはもう直ぐの筈ですが、一向にそういう雰囲気にはならず、まだまだドップリと泳いで行き・・・


ふと頭上を見れば、そこには長島ダムからの巨大な鉄管を渡す導水橋が!


その後もウンザリする程、まだまだ泳いで行きます。


でもって、壁を伝ってダ~イブ!


更に進んでいくと、頭上にトロッコ電車が走る「関ノ沢橋梁」の姿が!
その先を更に進めば、直ぐ大井川へと合流する筈ですが・・・
時刻も13時を回って、出発して6時間経過・・・


最終ゴールは大井川鐡道の「尾盛駅」。
その尾盛駅って、そこへ至る道がどこにも無いんですよね~。
ということで、関ノ沢に別れを告げて、左岸の急斜面を無理やり登って行くことに・・・
ここもヒルだらけで参りました。


何とかヒルの地雷地帯?を抜けて無事、尾盛駅へ到着。


でもって、記念の1枚。Wikipediaによれば、この駅の2018年の乗降人員は0.9人/日だとの事。
この駅を利用するのは、変態駅好きな鉄道マニアか、私達のような深南部を愛する山ヤ&沢ヤくらいかな?


私のケツは破れてるし(白いのはブリーフじゃありませんよ(爆))、左膝はサポーター巻き・・・
おまけに足首には、ヒルが2匹食いついてぶら下がってるし・・・
ハードな4日間で体はボロボロですが、50過ぎの体も何とか奮闘し、トシゾーさんとミッチーと共に楽しく行ってこれました。


着替えを済ませて、帰路はトロッコ電車に乗って、トシゾーさんの奥様Qちゃんが待つ「閑蔵駅」へ。


「関ノ沢橋梁」から見る関ノ沢。
つい先程まで、あの沢床にいたのにもう懐かしく思えたり。。。


井川線のトロッコ電車は、私、生まれて初めて乗ったかも?
僅か1区間だけでしたが、アトラクションに乗っている気分でした。


予定の下山時刻よりも2時間近く遅れて、はるばる迎えに来てくれていたQちゃんとも合流。
Qちゃんには、いつもいつもお世話になりっ放しでありがとうございます。

帰りは勿論、接岨峡温泉に寄って冷え切った体を温め、千頭駅で少し観光し・・・
川根にあるミッチー宅に立ち寄って、何故か?その後は一緒に島田市街地へ?


その島田へ行った目的は、ミッチー行きつけの焼肉屋で打ち上げ!\(^o^)/

車を運転するQちゃんには大変申し訳ありませんでしたが・・・?
呑兵衛1号&2号は、また呑んだくれになって静岡へと帰りました。

記事の冒頭にも書きましたが、栗代川と関ノ沢は、どちらも深くて長いゴルジュの廊下を持つ、大井川水系屈指の難易度の高い沢だと改めて感じました。
特に栗代川の「竜神の瀬戸」は、メンタル的にもやられそうな険悪なゴルジュで、そこを遡行できたことは自分としても良い経験になったと思います。
そして、思いのほか素晴らしかったのが、関ノ沢の「彦次の瀬戸」のゴルジュ。関ノ沢は、今度は渓流釣りで、是非遡行してみたいですね。
トシゾーさんとミッチーに随分と助けてもらった沢旅でしたが、気の合うお二人と楽しく行けて良かったと思います。
今年の沢シーズンもそろそろ終盤。来年も是非スケールの大きい沢へチャレンジしたいですね!