日 付:2020年10月 4日(日)
場 所:竜爪山、沢口沢 サンセットフェイス、サンダウンスラブ


コロナ禍で、県外移動の自粛を余儀なくされていた今年の5月は、地元「竜爪山・沢口沢」の岩場で、自身初のルート開拓に携わらさせていただきました。
そのプロジェクトも5月中には完成し、それ以降は沢口沢もシーズンオフとなって、足を運ぶこともありませんでした。
標高が低いので、シーズンとしては11月以降が良いのですが、リュウが新たにルートを開拓するというのでそれに便乗し、4ヵ月ぶりの沢口沢へ行ってきました。


10月に入って朝晩は20℃を切り、だいぶ過ごし易くはなってきたのですが、まだまだ気温は高め。
おまけに今日は湿度も高く、広場までのアプローチで汗もだらだら。。。


リュウが新たに開拓しているルートというのが、リュウが自ら引いた「竜颯ハング」の右壁。
傾斜は竜颯ハングよりもきつく、おまけに有効なホールドも乏しいようなので、グレードは12台になるかも?との事。
今日でボルトの打ち込みも一先ず終わり、次回からリュウのプロジェクトが始まるのかな?

さて今回、私が沢口沢へ来た理由は、リュウの開拓に付き合った訳ではなく・・・
5月の開拓以降、触れていなかったサンセットフェイスの新ルートを、皆さんと一緒に登る事。

広場から更に20分ほど、えっちらほっちら登って、天神の滝の落ち口をトラバースすれば、サンセットフェイス&サンダウンスラブのある岩場へと到着。


気になっていた岩場の状態は、やや苔がついているものの、5月末の時とあまり変わりなく綺麗な状態でした。
先ずは「サニーQ(5.9) 」をアップで登るQちゃん。


トシゾーさんは、滑り台のようなドスラブが特徴のNeilさんのルート「セイント・ジョージ(5.10b)」に取り付いていました。


続いて、私も「セイント・ジョージ」をオンサイトトライ・・・ではなくRP狙い。
前回は取り付いたと思ったら雨が降り出し、途中からA0で登る羽目となってしまいましたが、今回は無事に登れてRP成功!


ツッキーは、なんと「セイント・ジョージ」をマスターで登り、無事オンサイト成功!
ツッキーまた見ないうちに、またまた上手くなったかも・・・
(先輩としてはなんか驚異的)


リュウは、トシゾーさんの引いたルート「ドラゴンフット Left(5.11c)」をオンサイトトライ!
核心はリーチが無いと大変らしく、「届かなーい」と言いながらテンションしてました。


ミッチーが引いた「ハーフウェイ(5.10b)」を登るトシゾーさんと、私が引いたルート「竜の巣(5.10c)」を登るイデッチ。
私も「ハーフウェイ」に取り付きましたが、出だしがバランシーで序盤からテンション!
クリップラインの壁にはホールドが無く、カンテの左に少し逃げてしまいました。
体感グレードは、10cぐらいあるんじゃない?



「サニーQ」の右壁に引いた新たなルートを登るトシゾーさん。無事、初登成功!


その初登したばかりの新ルートを、私も登らさせていただきましたが、クリップラインよりも少し左に行き過ぎてしまい、残念ながらオンサイトならず?
登るラインによってグレードは変わりそうですが、クリップラインのスラブを登れば10dくらいとの事。


続いて「竜の巣」をオンサイトトライのトシゾーさん。
序盤から中盤は薄被りのカチでパワーを使うので「腕がパンプした」との事でしたが、無事オンサイト成功!流石!


ずっとお仕事で忙しく、クライミングそのものが久しぶりと言うQちゃん。
遠いホールドに薄被りのルートは大変だった?


ツッキーとイデッチは「竜の巣」のムーブ攻略に四苦八苦し、今日は二人でずっと取り付いていました。


私はNeilさんの引いたルート「ハリ―・オン・サンダウン(5.10c)」をオンサイトトライ!
核心はワンポイントでしたが、その核心一歩が難しく(というか恐ろしく・・)、結局A0通過。


Qちゃんは「ハリ―・オン・サンダウン」をトップロープで。
このルートはトラバースが多いので、トップロープでも落ちたらかなり振られます。


最後は「竜の巣」を何故か?回収便で登る羽目になった私。
慌てん坊癖が出てフォールしてしまいましたが、初登した自分のルートを登るって、なんかプレッシャーですね。


トシゾーさんは、このエリアの看板ルート「幻想の鏡(5.11b)」を再登ではなくトップロープで。
下部は逆層のホールドばかり、上部へ行くほど壁が立ち大変そう。



今日は、10台のルートを片っ端から登りましたが、なかなかオンサイトも難しくRPもできていないので、もうちょっと涼しくなったら、また訪れて次はRP狙っていきたいですね。
私の引いた「竜の巣」は皆さんからも大好評のようで、楽しんでくれた様子。
左の「サンセットフェイス」に7ルート、右の「サンダウンスラブ」に4ルートと、なかなか充実したエリアになったと思いますので、皆さんも是非登りに来てくださいね!