日 付:2021年 2月11日(木)
場 所:八ヶ岳 南沢大滝

今冬は、ダブルアックスにアイゼン、そしてアイススクリューを10本も衝動買いし、アイスクライミングに燃えているツッキーから「アイス行きましょう!」とお誘いを受け、今シーズン初のアイスクライミングに行ってきました。
日帰りと言うこともあり、場所はアプローチのよい八ヶ岳の「南沢大滝」。
コージンの4WDハスラーが、美濃戸の林道でスタックしたのには焦ったが、チェーン持ってたので大事に至らず、無事、美濃戸山荘まで辿り着けました。


この日の朝、美濃戸山荘の駐車場に停まっていた車の数は2~3割程度。
コロナの緊急事態の影響か?例年と比べれば、かなり少なめですね。


駐車場から1時間程歩いて行けば、久しぶりの南沢大滝へ到着。
それにしても、見事な氷瀑!氷結状態も、近年稀に見る最高の状態なんじゃないかな~と思います。


この日、南沢大滝を訪れたのは、私達含めて3パーティーのみ。
先行の2パーティーが、それぞれ滝の右&左に取り付いたので、やる気満々のツッキーは、果敢にも中央突破で登って行きました。


スクリューを満遍なく打ち込んで、パンプする腕を何とか堪えて、なんとノーテンでトップアウト!
昨年3月にアイスデビューし、今シーズンは4回目だというツッキー。
その成長ぶりには脱帽・・・恐れ入りやした。。。


ツッキーにトップロープを掛けてもらって、後続は安心快適トップロープで練習。
今回初めてお会いしたキタジーは、今シーズンからアイスを始めたそうで、今日が3回目。
パワーがあるので、ガシガシ登って行くかと思いきや、上部は厳しいらしくギブアップ。。。


今シーズンは、ツッキーと共にアイスにハマっているコージンでしたが、上部でへろコージンになってミノ虫状態。。。


そして、私は約1年ぶりのアイスクライミング。氷の状態を確認しつつ、ガシガシ登って行きましたが・・・


私もヘロヘロになってトップアウト。とてもじゃないが、リードで行くのはまだまだかも。。。
各自2本づつ登れば、既にお腹いっぱいになってしまい・・・


後半は小滝の方へ移動。この滝は初心者のリード練習にはもってこいです。
写真はリードで登るコージン。危なっかしいリードで、ビレイするほうもドキドキでした。
まあ、危なっかしい事に関しては、私も人の事は言えませんがね~


今日は、高気圧が張って天気が良く、北アルプスの穂高や槍ヶ岳も良く見えました。

1日じゅう陽の当たらないところにいて、すっかり芯まで冷え切ってしまいましたが、久しぶりにアイスを堪能する事ができました。
アイスって、リードとなると全然景色が変わり恐怖心との闘いになりますが、アイスはリードができてナンボ。
今シーズン最初で最後にならないよう、またチャンスあらば、近々登りに行きたいですね!