日 付:2021年 2月28日(日)
場 所:竜爪山、沢口沢 パイオニアフェイス、サンダウンスラブ


2月末ともなると、日中はポカポカ陽気となり、クライミングする季節としてはベストなシーズンとなってきました。もう春ですね~。
花粉症の方からすると最悪なシーズンなのでしょうけど・・・
ここ最近は、伊豆でのクライミングが多くなっていますが、地元、竜爪山沢口沢の岩場にまた新たなルートができたという事で、毎度のトシゾーさんにQちゃん、ツッキー&ミッチーと一緒に行ってきました。


しかし春めいてきたと言っても、朝一はまだまだ寒い!
アップルートでもある「サニーQ(5.9)」から取り付くも、指先が直ぐ悴んで感覚がなくなり怖いのなんの・・・
沢口沢の岩場は西斜面にあるので、午前中は陽が当たらずメチャ寒いんですよね~。


3ヵ月ぶり?に会ったミッチーは「セイントジョージ(5.10b)」でアップ。
サニーQよりも、こっちの方が登りやすいだとか?


各自アップが終わったところで「パイオニアフェイス」のエリアに移動して、ニールさんやゲンさんが初登したばかりのNEWルートを各自登る事に。


ミッチーは、ゲンさんが2年がかりで初登した「ドラゴンタロン・クラック(5.11a)」のオンサイトトライ!
トシゾーさんやリュウは、先日一撃したということで、果たして4人目の完登者となるか・・・?
とプレッシャーがかかった?ゲンさんに気を使った?かは定かではありませんが、結局テンテンとなってトップアウト!


「カムエイド初登者ッス!」とキラリと白い歯を見せるミッチーは、余裕?のピース・・・


でもって私は、フォロー回収で触らさせていただく事に・・・
ジャミングは決らないし、こんな被ったクラックを、ゲンさんはよくぞ初登したものだと改めて感じました。
フォロー回収じゃなかったら、一瞬で壁から剥がれて撃沈したかもですが、何とかド根性で回収しトップアウト。


「ゴボウマスターっす!」と、私も余裕のピースサイン??いやいや、もうヘロヘロでやした・・・

私が四苦八苦している間、トシゾーさん&Qちゃん、ツッキーは、ニールさんが引いてくれた10bだというNEWルートを登ってました。
私もそのうちチャレンジしたいですね。

お昼を挟んで、午後は「サンダウンスラブ」に戻り・・・


トシゾーさんは、また新たに引いたボルトラインの試登開始。
逆層だらけのつるつる壁を弱点探しつつ登るのって、大変でもあり、ワクワク感がありますよね~。
どういうルートが出来上がるのか?楽しみです・・・って、私が登れそうなグレードなのかしら?


私とミッチーは、3★ルートでもある「幻想の鏡(5.11b)」にチャレンジ!
先ずは、オンサイトトライのミッチー。
バランシーな序盤をクリアし、上部の核心も何とかクリア・・・


そして見事、オンサイト成功!「今日はこれで満足ッス!」だって。


続く私も、フラッシュ狙いで取り付きました。
核心部でホールドわからず思わずテンションしてしまいましたが、何とか解決できてトップアウト。
このルート楽しい~


その横では、ツッキーと訳アリで遅れてきたコージンの親分子分の凸凹コンビが、私が引いた「竜の巣(5.10c)」に四苦八苦中。。。
あーだよこーだよと声かけたくなりますが、楽しみを減らしてしまうので助言はしません。


最後に私は、トシゾーさんが引いたサンセットフェイスの「テキーラサンライズ(5.10d)」をRPトライ!
・・・するも、またテンテンで終了。
つるつるスラブのボルトラインが正規ラインで、左の「サニーQ」のホールドを触ったら駄目ですが、どうしても左へ逃げたくなるルートですね。

ますますルートが充実した沢口沢の岩場、本当は多くの人に登って欲しいのですが、私有地である山葵田の中を通過するというアプローチの悪さがネックで、一般公開できずにいます。
駐車スペースなども、農家の方とトラブルを起こさない為にも配慮が必要なところです。
そこをわきまえた上で、地元の皆さんにも是非訪れて欲しいですね~。